シートで変わるバスの乗り心地を実感しよう

活用ガイド

座席で変わる乗り心地

高速バスの座席タイプや列の種類

座席シートが倒れるリクライニングシート、他人と密着する必要のない3列タイプの座席などの種類がバスにはあります。それぞれに良さがありますが、ハイグレードを選ぶと旅費にも影響するのでしっかりと考慮して決めましょう。

前方と後方での乗り心地の違い

座席の前と後ろでは乗り心地が変わってきます。前方の座席では視野が広く、座っている座席より前に席がないので狭く感じないといった特徴があるのです。また後方では、周りに気を使う必要がなくリラックスできます。

風景を楽しめる窓際の特徴

窓際の特権は風景を独占することができ、また乗り物酔いを緩和してくれるのも特徴になります。他の乗客の乗り降りに対して気を使う必要がなく、旅行の目的地までは座ったままでゆっくりと過ごすことが出来るのです。

中間は全ての位置のいいとこ取り

バスの座席の中でも、中間は揺れや圧迫感といったものを感じることがない位置になっています。前と後ろのいいとこ取りをしている座席になっているので、旅行の際に座席に迷った場合は中間に座ることをオススメします。

自分の好きな座席を確保するには

こだわりのある座席の位置を確保するのであれば前もって予約を取る必要があります。また、希望を出せば対応してくれるバス会社もありますので、一度運転手や搭乗員に相談してみるといいでしょう。

長時間の運行ならトイレ付きがオススメ

高速バスに長いこと揺られていると、どうしてもトイレに行きたくなる事があります。定期的に休憩を挟むこともありますが、タイミングを逃してしまう可能性もあるでしょう。トイレ付きの高速バスは、好きなタイミングで行けるのでオススメです。

広告募集中