流行り病を蔓延せないための高速バス

活用ガイド

高速バスで流行り病防止策

閉鎖空間はウイルス感染しやすい!

閉鎖されている空間ほど、菌やウイルスは感染していきます。特にバスのように人の出入りが激しい所では、感染している人に遭遇する可能性も高いのです。せっかくの旅行を病気で台無しにしないためにも、マスク着用などの自己管理は必要です。

入り口から出口まで除菌を徹底

インフルエンザやノロウイルスなどの流行ってしまう病気の予防対策をしている高速バスでは、昇降口に除菌クリーナーやアルコールスプレーを常備していることがあります。観光地巡りで移動する際は、しっかりと除菌を行いましょう。

自動的に流行り病の対策を行なうバス

空気中に蔓延するウイルスや菌を自動的に除菌したり、感染力を弱める対策を行なう除菌バスと呼ばれるバスでは、流行り病を流行らせないようにしています。旅行先に感染注意報が出ている場合は、うってつけといえます。

長時間の運行ならトイレ付きがオススメ

高速バスに長いこと揺られていると、どうしてもトイレに行きたくなる事があります。定期的に休憩を挟むこともありますが、タイミングを逃してしまう可能性もあるでしょう。トイレ付きの高速バスは、好きなタイミングで行けるのでオススメです。

広告募集中