高速バスの予約サイトを使って予約殺到のシーズンを快適に

活用ガイド

乗り物酔いしないための予防策・解決策

睡眠不足は気分を悪くする源

高速バスで遠出を行なう際、前日楽しみで眠れなかったり、前夜祭として盛りあがったりしていませんか?睡眠不足はバス酔いを引き起こしてしまう原因の一つになります。楽しみなのはわかりますが、しっかりと睡眠は取りましょう。

体を締め付けるような格好はNG

目的地によっては長時間高速バスに乗ることってありますよね。サイズがぴったりした格好をしている場合、座席に座る体勢などから服や装飾品が体を締め付けていることがあります。血行が悪くなると気分も悪くなるので気をつけましょう。

空気に当たれる窓際の席が最適

窓際の席は、乗り物酔いをしてしまう方にとって最優先に確保しなくてはならない場所です。外の景色と新鮮な空気は、気持ちの悪さを軽減してくれます。風景を楽しみたい方も大勢いると思いますが、譲り合いも大切です。

食べ過ぎ・空腹はなるべく避けよう

気分が悪くならないように何も食べない、お腹いっぱいにしておけば気持ち悪くならない、と考えている方もいますが、どちらも良くありません。何事も適度な量が最適なので食事はほどほどにしましょう。

番外編・自己暗示で治るって本当!?

気持ちが悪いと思うから気分が悪くなるんだ!なんて言う方もいます。案外それは当てはまっていて、先入観やバス酔いしてしまう、と緊張することで本当に起きてしまうこともあるのです。リラックスして乗り物酔いのことを忘れましょう。

高速バスの予約をする

前もって高速バスの空席を確認できる

高速バスの予約サイトでは、バスの空席情報をいち早く知ることが出来ます。ハイシーズンになるとどのバスも予約で埋まりますが、予約サイトを事前に使っておけば、混み合うシーズンを避けて予約が取れるのです。

事前予約割引の特典が受けれる

予約サイトを利用して高速バスの予約を取った場合、割引を受けることが出来ます。事前予約割引と呼ばれる特典ですが、サイトによって特典が違うため、確認をしてから予約を取るようにするといいですね。

ゆとりを持って旅行の準備

先に予約を取っておけば、バスを利用する日まではゆとりを持って準備することが出来ます。そうすることによって、忘れものをしなくても済むでしょう。備えあれば憂いなしということですね。

いろんなツアーの内容が確認出来る

高速バスの予約サイトは、予約を取るだけのサイトではありません。高速バスが行っている様々なツアーやプランを確認することが出来ます。旅行の視野が一気に広がり、楽しみも倍増すること間違いなしです。

おもしろバスの紹介コーナー

目的地まで運ぶことが仕事だったバスも、最近では面白いバスが登場しています。レストランバスは、車内で食事をすることが出来るバスになっており、座席も従来の物ではなくテーブルと広いシートで風景を楽しめるような作りになっています。旅行先で利用してもおもしろいでしょう。

高速バスの利用者が語る口コミと体験談

モニターでテレビが見れたのが良かった

高速バスを利用したけど、モニターが付いていて移動中テレビを見ることができました。トンネルになると、電波の状況が関係して映像が乱れることはありましたが、それでもあの映像はキレイな方だと思いますよ。移動中の時間を楽しく過ごせたので、また利用したいと思っています。

乗り心地もよく乗務員の方も丁寧でした

体が大きい為、昇降口でアタフタしていた所に男性の乗務員に助けてもらいました。対応も丁寧で、座席自体も体が大きい自分でも快適に感じることができました。次もまた利用したいと考えています。

トイレ付きだし何よりもリクライニングが最高

かなりの距離があったため、トイレ付きを選んでいて良かったと本当に思いましたね。あと、座席もリクライニングにしてて良かったです。もし、座席が倒せなかっら、多分体のあっちこっちが痛くなって大変だったかもしれませんね。

座席が三列だから隣に気を使わなくて済む

バス特有の密着具合が苦手で、今回三列タイプを利用しました。席と席の間隔は思っていたよりも広く、隣の席に気を使うこともなかったです。値段は四列に比べると若干高いですが、快適な旅を送れるのであれば問題ない金額です。

4列シートなのにこんなに広いの!?って思った

4列シートだけど、前の座席との距離も狭くなくて足を伸ばせるぐらい広かったです。料金も安かったし、これならリクライニングが必要ないかもって思いました。今度は違うシートを利用して比較してみたいです。

長時間の運行ならトイレ付きがオススメ

高速バスに長いこと揺られていると、どうしてもトイレに行きたくなる事があります。定期的に休憩を挟むこともありますが、タイミングを逃してしまう可能性もあるでしょう。トイレ付きの高速バスは、好きなタイミングで行けるのでオススメです。

広告募集中